aga 育毛 剤

AGAとは

 

 

AGAとは男性型脱毛症の英語名の略のことです。
成人男性に多く発症する髪が薄くなる状態のことをいいます。思春期以降に生え際や頭頂部が薄くなる、もしくはその両方が薄くなる症状のことをいいます。
一般的に男性ホルモンがAGAの主な原因として考えられています。
この症状はゆっくりですが確実に症状が進行し薄毛からハゲの状態になります。
現在AGAは全国で1260万人いるとされそのうち気にかけているひとは800万人、また650万人の人は実際に頭皮ケアを行ったことがあるとされています。20歳から70歳までの成人男性は全国で約5000万人、そのうちの4人に1人の割合でAGAを発症しています。

 

 

AGAの種類

 

 

AGAの特徴は脱毛タイプによって進行パターンが変わってきます。額の生え際から頭頂部に向けて進行していくタイプ、頭頂部から薄毛が広がっていくタイプ、これらの症状が組み合わさったタイプの3種類に分けられます。

 

 

AGAの発見

 

 

AGAの脱毛部にはジヒドロテストステロンが高濃度で存在しそれがヘアサイクルの成長期を短くしている原因と物質と考えられています。成長期が短くなると髪の毛の成長が完全になる前の段階で抜けてしまうため細毛や短い毛が目立つようになります。

 

 

このジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンであるテストステロンが結合しできるものです。

 

 

AGAの進行
AGAは抜け毛や薄毛がゆっくりと時間をかけて進行していきます。また生え際や頭頂部がのどちらか一方もしくはその両方から薄くなっていきます。髪の毛をつかさどる毛包がじゅうぶんにせいちょうしないため髪の毛が通常のように太く長く成長しないうちにぬけてしまいます。
ただし毛包が存在している限り髪の毛は育つ可能性があるので諦めないことが大切です。